当サイトでは、性病症状を病名ごとにご紹介しているポータルサイトです。性病かもしれないと悩んでいる方に、性病治療やおすすめ病院もご紹介しておりますので是非参考にして下さい。

性行為感染症

性行為感染症とは、性行為をして病気に感染する病気。略語では、性病と言う名で世の中では語られております。性病に感染する主な原因は、男性または女性が性病に感染しており、性行為を行う事で感染していない方に病気をうつし感染してしまう。

男性と女性の性病感染者の割合は、男性の方が性病に感染している方が多く、風俗店を利用することで性病に感染してしまう事が主な原因となっています。性器を膣内に挿入しないオーラルセックスでも性病に感染しますので注意が必要です。

性病に感染しているかもしれない場合は、早急に専門医師にご相談することをお勧めします。女性が性病に感染している場合、自覚症状が出ない事があり、性病感染を広げてしまう可能性もあります。パートナーが変わるタイミングに定期的に市販の性病検査キット等を利用して検査をしましょう。

性病に感染することは凄く恥かしい事だと思い込んでしまい、病院に行かずに病気を悪化させてしまう方がいます。性病は市販薬では治すことができませんので、必ず早期で専門医師に相談して下さい。

症状が出ている出ていない関係なく、性病を他人にうつしてしまったら、法律で傷害罪が適用され法で裁かれる可能性も否定できません。少しでも性病に心当たりがある方は、検査・診察を受けるようにしましょう。

性病(潜伏期間・感染率)

性病名 潜伏期間(推定) 感染確率(推定)
性器クラミジア感染症 1週間〜2週間 約30〜60%
淋菌感染症 2日〜7日間 約30〜60%
梅毒(黴毒・瘡毒) 3週間〜3か月 約15〜60%
トリコモナス症 3日〜14日間 約8〜20%
性器カンジダ症 2日〜7日間 約10〜30%
ヒト免疫不全ウイルス 1年〜10年 約0.1〜2%
尖圭コンジローマ 3週間〜6か月 約20%
性器ヘルペス 2日〜10日間 約10%
毛じらみ症 1か月〜2か月 約90%

性病治療病院

性感染症種類

類似